インプラント 最先端のインプラント治療で、天然歯と変わらない歯を

TOP >> 診療内容 >> インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療とは、失った歯の顎の骨に、結合性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療方法のことです。天然歯と同じような感覚と見た目を取り戻すことができます。ブラッシング(歯磨き)など、普段のケアも天然歯と同じように行っていただくことが可能です。

インプラント症例1

befoer

  • 相馬さん:施術前下
    Cさん:施術前下
  • 相馬さん:施術前上
    Cさん:施術前上

↓

after

  • 相馬さん:施術後下
    Cさん:施術後下
  • 相馬さん:施術後上
    Cさん:施術後上

インプラント症例2

befoer

  • 沢柳さん:施術前正面
    Dさん:施術前正面
  • 沢柳さん:施術前左
    Dさん:施術前左
  • 沢柳さん:施術前上あご
    Dさん:施術前上あご

↓

after

  • 沢柳さん:施術後正面
    Dさん:施術後正面
  • 沢柳さん:施術後左
    Dさん:施術後左
  • 沢柳さん:施術後上あご
    Dさん:施術後上あご

当院のインプラント治療

インプラント治療にはいくつかの方法がありますが、当院では主に次のインプラントシステムによる治療をおすすめしています。

アンキロス

アンキロスは、インプラントの機能性と審美性を長期間維持させるために必要な要素を備えたシステムです。インプラント治療は、人工歯根とその上に装着する人工歯の2つから構成されていますが、アンキロスはこの2つを「テーパーコネクション」という接合様式によって接合させ、機能性と審美性の持続を可能にしています。現在効果的な方法として、世界中で注目されています。
さらに詳しくはこちら

ストローマン(ITI)デンタルインプラント

ストローマン(ITI)デンタルインプラントとは、1974年に開発されて以来、世界40ヶ国以上で使用され、最も信頼されているインプラントシステムの一つです。スイスの「ストローマン研究所」と国際的な研究チーム「ITI」によって共同開発されたインプラントであるため、この名が付いています。
さらに詳しくはこちら

ストローマン(ITI)デンタルインプラントの特徴
インプラントの形状・サイズが日本人の顎に適している
骨とインプラントを結合した後の手術が不要
専門のトレーニングを受けた医師のみ取り扱いできる
国内外を問わずシェアが広いため、転院しやすい

当院のインプラント手術

インプラント手術を行うにあたり、多くの方が「痛み」に一番の不安を感じるようです。実際には、十分な麻酔をしてから行いますので、術中に痛みを感じることはありません。

また、手術自体も、埋まった親知らずを抜歯するよりはるかに軽度なもので、術後は鎮痛剤を通常2~3日程度服用していただくのみです。

今まで多くの患者様にインプラント治療を行ってきましたが、ほとんどの方が「思っていたよりもずっと楽だった」とおっしゃいます。とはいえ、インプラント手術にはいろいろな方法がありますし、患者様の感じ方も異なるかと思います。そのため、当院では事前にしっかりとご説明し、不安を取り除いてから手術を行うよう心がけています。

インプラントについてお悩みやご質問があれば、お気軽にご相談ください。

CONTENTS